申し訳ありません

なんだか、試験が終わってからアクセスが増えてます。

 

ありがとうございます😊

 

 

でも有益な情報はなくってよ。

 

皆様の合格を私も含めお祈りしてます。

act13 挑戦するとき

試験まで、あと9日ですね。

 

先日脳科学者の中野信子さんがeテレに出ていて、大きな挑戦をするときのメンタルとフィジカルのあり方を語ってました。

 

メンタル的には…

弱音をこぼす、愚痴を言う。

不安を言語化するといいそうです。

 

大事な試験を控えたアメリカの大学生に不安な事を書き出して、試験に臨んでもらったところ、平均点が10点上がったそうです、

 

フィジカル的には…

拳を握る、ファイティングポーズがいいようです。

末梢からの刺激が、脳にいいとか。

 

 

私もメンタルの方やってみたけど、

すごくいいです。

 

不安が明確になると、対処法を考えられるので。

 

試してみたらどうでしょう。

焦ってますね

みなさま。

この過疎ブログに2日続けて20アクセスごえ。

 

焦ってますね。

 

もちろん私も焦ってます。

 

今日、職場の年度の面談で、気難しい施設長から

peachさんは、頭いいから大丈夫」

と言われ、超超焦ってます。

 

だって、要望伝えて、結構聞いてくれて、落ちたらヤバい…

 

 

私の何を見て頭いいと言うのか…

 

 

施設長の息子の事務長から利用者様への手紙の漢字が違うと4回も直されてるのですが。

 

 

ばかでーす。

 

ま、みなさま勉強頑張って、受かろうぜ!

act12 逃げるは楽だが、トラブル炎上

みなさん。勉強の進み具合はどうですか?

 

私は超超ヤバいです。

 

そして、試験対策講座や模擬試験などすべて受けてる同僚に

「ね〜勉強してる〜〜?俺バカだから困っちゃうよ〜〜」

と言われて、

「全然してないです」

と言いながら、ムカついてます。

 

 

とりあえず、過去問三年分、やっとやり遂げました。

 

で、間違えたところに福袋に入ってた、くまモンポストイットを貼る作業を♪くまもーんと歌いながらしてました。

 

とりあえず、後二回、過去問をやり遂げ、苦手なとこと、医療的ケアを介護福祉士国試ナビで勉強したいと思います。

 

友だちに言われた

「もーやだーそんな涼しい顔してちゃっかり受かっちゃうんでしょー」

と言う言葉を胸に

「勉強全然やってない。ヤバい!」

と言いながら、勉強しようと思います。

 

後、旅行アプリをDLして、

タイトル

涼しい顔してちゃっかりカイフク受かっちゃうもんね〜

にしてスケジュール入れてみました。

11月22日

この過疎ブログに謎の20件越えアクセス…

なぜ?

 

アクセスした方教えて欲しいっす。

 コメント、未だ0なんで。

 

さて、勉強は…

抜け駆けしてないっすよ。してません。

 

模擬講習や試験を受けてる人に

やばいっす、オレ落ちるかも

と言われ

大丈夫ですよ〜勉強してるし。引っ掛けにかからないようにじっくり取り組めば

と言いつつ

1番やばいの私と思ってます。

act11 目標変更 84点!

買っとくつんどくの介護福祉士国試ナビ、

30ページほど読んでみました。

 

で、判明。過去五年で合格点が82点の年があり

『安心して試験突破するには、70%の84点を目指したいですね』と。

 

目指しましょう。うん。

act10 新オレンジプラン出るってよ

本人もビックリの2日続きの更新。

 

オレンジプランが出るらしいと、あるところから聞きました。

ま、根拠としては、2016年1月に発表したばっかりの計画だからでしょう。

 

信じるか信じないかはあなた次第

でなくても、怒らないでね〜

 

 

で、新オレンジプランとは?

 

まず、2012年に「オレンジプラン認知症施策推進5ヶ年計画)」が、2013年から2017年の5ヶ年計画で開始。

 

まだまだオレンジプランが続行中なのに、去年11月に認知症サミットがあり、そこで安倍首相が「新たな戦略の制定を厚労大臣に指示します」と宣言、で、オレンジプランを練り直した新オレンジプランが施行されましたとさ。

 

 

基本的な考え方は

 認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよりよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す

 

 

プランは7つで構成。

1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進

2.認知症の容体に応じた適時・適切な医療・介護等の提供

3.若年性認知症施策の強化

4.認知症の人の介護者への支援

5.認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

6.認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進

7.認知症の人やその家族の視点の重視

 

どう出るんでしょうね。